一人暮らしの独身の方や単身赴任のお父さんなどにとって熱湯ですぐ作れるウォーターサーバーは節約飯の強い味方。家族でもお料理に天然水をつかうとおいしくなるし、主食のお米の味が一味上がるだけでおかずも美味しく感じますよね。ご飯がおいしく、お水もおいしいとは家族円満の要素の大きな一つになると言っても過言ではないです。

ウォーターサーバーで便利にお湯が出せるからという簡単に出せるからという側面は大きくて、これを2リットルのペットボトルだとなぜか同じことをやらなくなるのが不思議ですよね。例えばこれは小さなお子さんがいる家庭でもおこる現象だと思います。

ウォーターサーバーのおかげでジュースを飲まなくなった

お子さんもしかり大人もですが、ジュースをボトルで買う事が少なくなる傾向があるのではないかと思ってます。あっつい日にたまにサイダーを流し込みたいなあとかお父さんは冷たいキンキンのビールをとか飲む日も勿論あるでしょうが、お水自体が冷えてすぐに出るというメリットは大きいです。この美味しさによりジュースを飲む量が減るという。これは私だけかもしれないと最初思っていたのですが、ウォーターサーバーを使っている主婦や独身の友人に聞いても何人か「あー確かに」というレスをもらえました。

この結果お子さんもジュースをあまり飲まずお水中心で、実は間接的にお金も浮くし、お子さんの健康面もプラスだし、大人も水が中心の飲み物になり健康的という最高な循環が起きる可能性がるのではないかと考えています。

6歳とか中学生とかの多感な時期に水をしっかり飲む習慣をつけることはかなり良いことだと考えています。事例としてそういうのがあるかわかりませんが、現代は年々欧米化の影響で、糖尿病や予備軍、尿酸値が高い方が増えてきています。肥満もですね。水だけではどうにかなるというわけではないのですが、ジュースって糖分、糖質が非常に高く、最近の夏って熱帯夜かってくらいに暑いじゃないですか。それらも影響している気がしています。水分補給が大事だと騒がれて入るのですが、ああいったジュースを飲みすぎるとペットボトル症候群なる名前の糖尿的に良くないと言われています。

幼いころに覚えた習慣と言うのは大人になると良い意味でも悪い意味でも癖になります。水をしっかりと飲む癖をこの時期に身につけておくことが大事かなと。そういった意味でもウォーターサーバーが家の中にあることにより生活スタイルが水のある暮らしになる為結果的に無理なく水を飲む習慣が身につくと思います。

赤ちゃんや子供ににおすすめのウォーターサーバーは安全性が一番

ウォーターサーバー導入にあたり一番気をつけたいのが安全性だと思います。 水そのものの安全性もそうですが、熱湯が捻るだけですぐでるわけですから火傷やウォーターサーバーの転倒事故などです。

よく、粉ミルクを作る上で天然水のミネラル硬度を心配してしまう奥さんがいますけど正直硬度は軟水のものを選んでおけば問題は無いです。そんなことよりもウォーターサーバーの安全性を重視してください。

過去の事故をみると転倒や、誤って熱湯をかぶってしまったという重症の事例もあります。チャイルドロックはある程度の防止策になっていますが、使う側の自己管理もかなり大事な要素の一つになっているのは事実です。

稀に、ウォーターサーバー自体の不具合もあるようですが、今市場に出回っている数百万台の1とかそのくらいの確率なのでここは心配しても仕方が無いところです。

気をつけたいのは熱湯と転倒ですので、地震対策とお湯が出るコックの点検等です。点検時に誤った事故もあるようですので説明書をよく読み事故を未然に防ぐ事が大事だと思います。

Contents